So-net無料ブログ作成
検索選択

第4章1日目 [零の軌跡]

あれから3週間たったが、キーアの記憶は戻る気配もなく、その素性も、遊撃士協会の情報網に結局引っかかることはなかった。
ロイドたちはキーアとの生活に完全に馴染んでしまっており、日常的な業務にも復帰していた。

image-20111214125148.png

朝食を食べている時、ノエル曹長から通信が入る。
警備隊のノエル曹長から依頼を受け、山道の外れにある遺跡の調査を手伝うことに。
遺跡の内部には不思議な魔獣が徘徊しているらしく、以前《星見の塔》で感じたものと同じ雰囲気を感じたとのこと。
ノエル曹長は遺跡の調査だけでなく、今日一日、支援要請まで含めて一緒に行動してくれることになった。

とりあえず支援要請を含め、一通り用事を片付ける。
中央広場の百貨店でクロスベルタイムズ7が買える。
タングラム門のソーニャ副司令に2回話しかけると《闇医者グレン12巻》をもらえる。
ウルスラ医科大学病院屋上にいる看護師シロンから【彩りトマトバーガー】のレシピを教えてもらえる。
港湾区のラーメン屋台で【龍老タンメン】のレシピを教えてもらえる。
鉱山町マインツの鉱山入口横の民家にいるミランダから【真心ランチボックス】のレシピを教えてもらえる。

遺跡の前に到着する。

image-20111214125208.png

何やら辺りが薄暗く、怪しいモヤに包まれている。
とりあえず探索の目標として、屋上に見えている鐘楼を目指すことに。
礼拝堂らしき場所に出る。

image-20111214125224.png

ノエル曹長によると、この遺跡は中世時代に建てられた僧院のようだ。
鐘の音と共に“亡霊”が出現する。
撃退すると不気味な光と一緒に消える
上位三属性が働く異様な空間ながらも戦力的に対抗できそうなので、探索を続行し、先へ進むことに。
礼拝堂の裏手を進むと、かつて何らかの儀式が行われていたと思われる広間に出る。
再び鐘の音が鳴り響くと、まるで教会の聖典に出てくるような“悪魔”が現れ、戦闘になる。

image-20111214125245.png

何とか追い払い、その先の屋上に出ると鐘が共鳴していた。
原理は不明だが、どうやらこの共鳴が何らかの“力場”を生み、遺跡全体を包み込んでいるようだ。
そこで曹長に相談し、ランディと3人で鐘を押さえこんで共鳴を止めてみることに。

image-20111214125308.png

鐘を押さえると、共鳴は止まり、同時に辺りを覆っていたモヤも消えた。

image-20111214125328.png

礼拝堂の中に戻ると、礼拝堂には光が差し込み、魔物たちの気配もすっかり消えていた。
上位属性も働かなくなり、どうやら“普通の空間”に戻ったようだ。
鐘の共鳴に何か原因はありそうだが、その仕組みに関しては一切が不明だ。
ティオの言う通り、あの鐘は《古代ゼムリア文明》の遺物なのだろうか?
ともかく遺跡の調査はこれにて完了する。

[町長の依頼]

装甲車の所に戻ると、フランから連絡が入り、マインツの町長から依頼が入っていることを聞く。
何でも鉱山町の住民で、クロスベル市に出たまま何日も帰ってこない人がいるらしい。
鉱山町まで出向いて話を聞きに行くことに。
鉱山町に到着する。

image-20111214125409.png

町長さんの話によると、ガンツさんという鉱員が2週間前にクロスベル市に行ったきり帰って来ていないそうだ。
大のギャンブル好きらしく、頻繁にクロスベル市のカジノに遊びに行っていたらしい。
何かあったのかはまだ分からないが、とにかく捜してみることに。
ノエル曹長に、クロスベルの街まで送ってもらい、ここでノエル曹長と別れる。
歓楽街のカジノへ行き、従業員やお客さんにガンツさんの消息について聞いてみる。

オーナーのドレイクさんに話を聞くと、ガンツさんは行方不明どころか、今日も荒稼ぎしていったとのこと。
驚くべきことに、この2週間で50万ミラほどの大金を手に入れ、毎日、歓楽街のホテルのデラックスルームに泊まっているらしい。
ホテルの部屋でガンツさん本人から話を聞き、状況を確認する。
この2週間、カジノで稼ぎまくっていることは、事実のようだ。
元々ギャンブルが下手な人間が突然超人的なカンを身に付け、2週間連続で勝ち続ける・・・
このようなことが、何の理由もなしに起こることは到底考えにくいが・・・
酒が入っていたとはいえ、態度がやたらと横柄だったことも気になる。
一緒にいたホステスによると始めのうちは そうでもなかったらしいが・・・
マインツに帰る気はないそうだが、とにかく町長に通信で状況を報告する。
明日、町長自らクロスベル市に出向いて本人と直接話をするつもりとのこと。
今日はこの辺で切り上げて支援課に戻ることにする。

支援課に戻るとイアン先生が課長の所にいるそうだ。
イアン先生の話によると数年前、カルバード共和国の方で子供の拉致事件が多発しキーアの身元を、その線で調べてくれたらしいが、どうやら該当しなかったらしい。

image-20111214125429.png

また、ガンツさんの話を先生に説明した所、最近似たような話を聞いたという。
一人はとある証券会社の証券マンで、もう一人は貿易会社の経営者。
どちらもここ数年、業績不振に悩まされていたそうだが、ここ半月で耳を疑うほどの業績を上げたという。
特に証券マンの方は、まるで未来が見えていたかのようなツキとカンで株を売買したということだが・・・

↓よかったらランキング投票お願いいたします。
人気ブログランキングへ

インターンミッション [零の軌跡]

キーアを保護してから1週間。
課長から、キーアの件に関してルバーチェから打診があり、手打ちになったと聞かされる。
どうやらルバーチェは今回の事(人身売買について)は全く身に覚えがないと主張しているらしいが・・・
とにかく、これで一応マフィアから狙われることはなくなったようだ。
だが、肝心のキーアの素性は未だに分からず、クロスベルの各方面に問い合わせを行っても、該当者は現れないという状況。
そこでキーアの素性をさらに探るべく、遊撃士協会に調査を依頼することにする。

中央広場の百貨店でクロスベルタイムズ6が買える。
西通り〈タリーズ商会〉で《闇医者グレン11巻〉が買える。
ジオフロントA2区画の奥にいる手配魔獣を倒すと、隠しクエスト「ジオフロントA2区画の手配魔獣」を達成できる。
行政区の市庁舎2階の部屋にいるマクダエル市長と話した後、受付と会話すると、隠しクエスト「市長への差し入れ」を請けられる。

遊撃士協会を訪ね事情を話すと、遊撃士協会の方で、キーアの身元を調べてもらえることになる。
結果は1週間ほどで出るらしい。
キーアの記憶喪失について、七耀教会に相談してはどうかとヨシュアから提案を受ける。
確かに、心や精神の問題は教会が詳しいと聞くので、キーアを連れて、教会に行くことになる。

大聖堂の日曜学校の教室にいるマーブル先生を訪ねる。
マーブル先生の《法術》によってキーアの記憶を探ってもらう。
キーア曰く“暗くてでっかい場所”が思い浮かんだそうだが、それ以外の情報は引き出せなかった。
先生曰く、もしかしたら神経系に問題があるかもしれないということで近代医療・・・聖ウルスラ医科大学の『神経科』へ行くことになる。

市内に戻った後、大聖堂に戻ってマーブル先生に話しかけると隠しクエスト「日曜学校の特別講師」をうけられる。
クロスベルにはない“あるもの”
『軍隊』
大事件を引き受ける部署
『捜査一課』
警察手帳の重大な用途
『捜査状況の記録』
現在のオーブメントの規格
『第5世代』
警察の基本理念
『治安維持と自治州法の遵守』
警察官になるには
『警察学校を卒業する』
軍用犬事件の解決
『白い狼の助太刀』
リュウとアンリが迷い込んだ場所
『ジオフロント・A区画』
遊撃士協会との違い
『公的権力への干渉力』
警察官になった理由
(どれを選んでも良い)
が正解。

病院でセシルに会い、『神経科』の先生が、あの釣り好きのヨアヒム先生であるとが分かる。
受付で問い合わせてもらうと時間を取ってもらえることに。
研究棟4階の先生の研究室に行く。
ヨアヒム先生の見解によると、何らかの薬物が影響している可能性が高いかもしれないとのことで、3日~1週間ほどの検査入院を勧められる。
キーアに聞いてみるが、みんなと離れてしまうことに対して納得がいかないらしく、その場から駆け出してしまう。

image-20111213112854.png
すぐにキーアを追いかける。
水辺の休憩所でシズクと一緒にいるキーアを発見する。
どうやら2人は、とても仲良くなれたようだ。
キーアと仲直りして帰路につき、1日を終えた。

↓よかったらランキング投票お願いいたします。
人気ブログランキングへ

第3章創立記念祭5日目(最終日) [零の軌跡]

創立記念祭最終日

中央広場の百貨店でクロスベルタイムズ5が買える。
聖ウルスラ医科大学寮2階の診療医ベルダインから《闇医者グレン9巻》をもらえる。
港湾区ジェラート屋から【スノージェラート】のレシピを教えてもらえる。

入っている支援要請を済ませる。

最終日の朝、“仔猫”から届け物が送付される。
中身は、《黒の競売会》の招待カード。
港湾区の水上バスに乗り《ミシュラム》に向かう。
水上バス乗り場で(空の軌跡でも登場した、帝国の鉄血宰相の側近)レクターに会う。

image-20111212182631.png

その後、キリカさんにも会う。

image-20111212182649.png

ミシュラムに到着する。
ハルトマン議長邸を確認する。
会場の警備を担当しているのは、どうやらルバーチェの模様。
屋敷の前で何かの“声”(ミツケテという声)を感じた気がしたが・・・気のせいだろうか?
とりあえず落ち着ける場所に行きたいので、ホテルで空室がないか確認しに行く。
ホテルの部屋は空いて無かったが、ワジがいて、部屋を提供してくれるという。
会場には2人で入ることになり、パーティ用の服装を準備することになる。

image-20111212182718.png

《ホテル・デルフィニア》2階のトマに話しかけると隠しクエスト「婚約指輪はいずこ」を請けられる。

オークションには、ランディと2人で行くことにした。
悪友に誘われた貴族の青年を装い、衣装に着替える。

image-20111212182806.png

image-20111212182825.png

《黒の競売会》の会場がある、ハルトマン議長邸に潜入する。
1階西の部屋にイメルダ夫人やキリカさんがいる。
それぞれと会話し、部屋にマルコーニ会長とハルトマン議長が入って来る。

image-20111212182842.png

image-20111212182901.png

出品物の保管場所らしき部屋を確認する。
屋敷の前で聴いたのと同じ、何かの“声”(ミツケテという声)が聴こえた気がするが・・・
一通り建物内を見て回った後、正面玄関に戻ると、ガルシアがいて怪しまれる。
そこにマリアベルが現れ助けてくれる。

image-20111212182921.png

image-20111212182937.png

オークション会場に入り始まるのを待っている時、ワジから庭にいた番犬が眠らされていることを聞く。
番犬が眠っていたのは?
「侵入者が現れた」可能性がある。
屋敷の中を一通り調べてみる。

オークション会場に戻り、壇上の赤髪のメイド‘ブレンダ’に話しかけると《闇医者グレン10巻》をもらえる。

出品物の保管場所らしき部屋の前で気絶しているマフィアを発見する。
部屋に入ると、中には“銀”がいた。
“銀”が他のマフィアたちを蹴散らした後、奥の部屋に面白い‘爆弾’があると言い残し、その場から去ってしまう。

image-20111212183026.png

image-20111212183046.png

image-20111212183100.png

image-20111212183119.png

宝物室にて、再び“声”(ミツケテという声)を感じる。
奥にあったトランクを調べると、中から人形、と思いきや女の子が出てくる。
名前がキーアということ以外、何も思い出せないらしい。

image-20111212183143.png

とにかく、この子を連れてここから脱出しなければならない。
玄関広間には あの若頭ガルシアがいるので正面玄関から逃げるのは無理そうだ。
議長の部屋でレクターに遭遇する。
彼の協力のおかげで、追ってのマフィアをやり過ごし、さらに偽情報を与えることに成功する。
一か八か玄関からの脱出を試みる。
うまく議長邸から脱出し、仲間と合流できた。
今なら水上バスが出ているはずなので、急いで波止場に向かう。
しかし、船に乗り損ね、若頭ガルシアに追い詰められるが、ツァイトとセルゲイ課長がボートで駆けつけてくれ、その場を離脱することに成功する。

image-20111212183247.png

image-20111212183317.png

image-20111212183332.png

image-20111212183340.png

キーアを保護し、《黒の競売会》の調査を終える。

↓よかったらランキング投票お願いいたします。
人気ブログランキングへ

第3章創立記念祭4日目 [零の軌跡]

創立記念祭4日目

入っている支援要請を済ませる。
支援要請「観光客の捜索願い」を遊撃士アリオスとスコットの助けもあったが、何とか達成する。

image-20111211155802.png

達成後、行政区の警察本部取調べ室にいるセルゲイ課長から《闇医者グレン8巻》をもらえる。

支援課に戻るとフランから通信が入る。
貿易商のハロルドさんの子供コリンが迷子になってしまったらしい。

image-20111211155821.png

ハロルド夫妻の話では、3時間ほど前、行政区でパレードを見物している最中にはぐれてしまったそうだ。
捜索は分担して行う。
ロイドが聞き込み中、以前ローゼンベルク工房で会った少女レンと会い、話の流れでついて来てもらうことになる。

image-20111211155848.png

エリィとティオから連絡が入り、コリンは港湾区の桟橋で水上バスを眺めていたらしく、ツァイトが匂いを辿ったが、階段を登った所で突然匂いが途切れたという。
ある程度密閉され、匂いが外に漏れない場所・・・
何らかの「車両の中に入った」可能性が考えられる。
話を聞いていたレンが突然、支援課の端末を借りると言ってその場を去ったので後を追う。
慌てて支援課に戻ると、そこには端末を操作するレンが。
どうやら“仔猫”の正体は彼女らしく、驚くほど見事な手際で導力ネット上から港湾区に停車していた車両を特定する。
車両は《ライムス運送会社》の運搬車。
レンから通信番号を受け取り、連絡すると、運転手の慌てる声が。
荷台でコリンを発見し、通信している隙にどこかへ行ってしまったのこと。
場所は西クロスベル街道。
急いで街道方面に向う。
運搬車を発見し、さらに先へ行くと、コリンを発見する。
魔獣に襲われるが、レンの活躍によりコリンの保護に成功する。

image-20111211155912.png

image-20111211155928.png

コリンを引き取りに支援課にハロルドさんが来たら、レンはクローゼットの中に隠れてしまう。
そしてハロルドさんから、ハロルドさんの過去の話を聞かせてくれる。
ハロルドさんには、娘(レンのことだと思われる)がいたらしい。
8年前、駆け出しの貿易商だったハロルドさんは拡大するクロスベルの貿易市場で何とか勝ち残ることに必死だった。
その結果、共和国方面の危険な相場に手を出してしまい・・・
多額の債務を負うことになった。
幼い娘を連れながらの逃亡生活・・・
逃げども逃げども債権者に追われ、ハロルドさんたちに安住の地はなかった。
このままでは悪名高いマフィアが出張って来てしまうかもしれない。
それを恐れたハロルドさんたちは娘を旧い友人の所に預けた。
共和国に住む、信頼できる友人で、全て借金を片付けて、完全に身奇麗になったところで娘を迎えに行くつもりだったらしい。
幸い、頼りになる先生の助言で債務を整理する事ができた。
コネやツテを生かして事業を建て直し、死にものぐるいで働いて・・・何とか1年で、借金の全額を返済することに成功した。
これでやっと娘に会える、また一家3人で暮らすことができる・・・そう思って、娘を預けた友人の元を訪ねたら・・・
その頃、共和国方面では、不審火の事件が多発しており、友人宅も、その被害に遭っていた。
そして、預けていた娘もそれに巻き込まれていたらしい。
ハロルドさんたちは、半狂乱になって娘を捜した。
しかし、遺体の状況はどれも酷く、結局、家にいた全員が亡くなったという検死結果しか伝えられなかった。
ハロルドさん夫妻が絶望している時、妻がコリンを身篭っている事がわかり、ハロルドさん夫妻生きる気力を取り戻した。
二度と失敗しないような手堅く誠実な商売だけを心がけて・・・

image-20111211155950.png

image-20111211160004.png

image-20111211160017.png

image-20111211160036.png

ハロルドさん夫妻が、コリンを連れて帰る。
ハロルドさんはレンに会いたいようだったが、レンは会うつもりはないみたいで、またどこかへ行ってしまった。

image-20111211160057.png

その後、支援課にエステルとヨシュアが来る。
どうやらレンを捜しているらしい。
これまでの経緯を二人に話すと、エステルはレンが両親に捨てられたのではなく、両親からちゃんと愛されていたことを理解したと思い、喜んでいた。
また、二人はレンを探し出して家族にするつもりらしい。

image-20111211160114.png

image-20111211160128.png

↓よかったらランキング投票お願いいたします。
人気ブログランキングへ

第3章創立記念祭3日目 [零の軌跡]

クロスベル自治州創立記念祭3日目

マインツ山道のローゼンベルク工房へ行くと、エステル&ヨシュアがいる。(レンを探しているような?)

image-20111210153303.png

旧市街のナインヴァリにガルシアがいる。(何かのルートをつぶされて焦っているらしい。)

入っている支援要請を済ませる。
支援要請〔ストーカーの捜査〕で捕まえた犯人シュリは、イリアさんが引き取り、劇団で働くことになった。
支援要請〔偽ブランド業者の摘発〕を請ける。
選択肢は
偽ブランド業者は
「単独行動している」
リーダーは
「お婆さん」
が正解。
お婆さんに任意同行を求めると本性をあらわし、逃げて行く。

image-20111210153325.png

逃げて行く先に(空の軌跡で遊撃士協会の受付をやっていた)キリカさんがいてお婆さん逮捕に協力してくれる。

image-20111210153345.png

しかし、逮捕に成功しても自治州法では、外国人を拘束することはできず、厳重注意と強制退去程度で済まされ、また同じ犯行が行われるそうだ。

キリカさんは、現在芸能プロダクションのマネージメントをしていて、劇団アルカンシェルの舞台を共和国で行うかどうか見に来たらしい。(本当かな?)

image-20111210153405.png

警察本部から出ると、ヨナから通信が入り、ヨナの所へ向かう。
ヨナの依頼で、情報の提供を交換条件にハッキングの手伝いをすることになる。
ヨナの目的は、自らを手玉に取った“仔猫”という天才ハッカーアクセスポイントを暴くこと。
その手伝いをティオに頼みたいらしい。
ヨナはこの部屋の端末を、ティオはジオフロントA区画の奥にある『第3制御端末』を使って、“仔猫”を追い込む作戦だという。
だが本来の業務をお座なりにはできず、かといってティオ一人をジオフロントに向かわせるわけにもいかない。
そこでランディとエリィに警察本部の手伝いに行ってもらい、本件はティオととロイド2人で担当することになる。
ジオフロントA区画の奥に行く前に中央広場のレストラン2階にいるロバーツ主任に話かけると《闇医者グレン7巻》をもらえる。

『第3制御端末』がある部屋に到着し、ヨナに連絡する。
端末を起動して、“仔猫”の出現を待つ。
待っている間、ティオの過去の話がきける。(ティオがつけている、みっしぃストラップはロイドの兄貴ガイ・バニングスにもらった物で、6年前、ガイにある所から助けられたそうだ。クロスベルに来たのもガイに会うためだったらしい。)

image-20111210153501.png

image-20111210153515.png

しばらくして、“仔猫”が出現する。
激しい攻防の末、アドレスは掴んだらしいが、ヨナもハッキングを受けた模様。
どうやら相手の方が上手だったようだ。

image-20111210153443.png

とりあえずヨナの所に戻る。
ヨナによれば、“仔猫”のアクセスポイントは、山道の途中にあるローゼンベルク工房とのこと。
環境的に考えてあり得ないらしいが・・・
とにかく約束の記録結晶を受け取る。
中身は、《ルバーチェ》に関連した情報だった。
その中に「黒の競売会』の情報もあったが、クロスベル市のトップの一人であるハルトマン議長などが関わっていて、警察も手は出せない。
民間人が危険にさらされている訳ではないので遊撃士も手が出せないらしい。
今は、諦めるしかない。

image-20111210153536.png

↓よかったらランキング投票お願いいたします。
人気ブログランキングへ

第3章クロスベル自治州創立記念祭1日目2日目 [零の軌跡]

クロスベル自治州創立記念祭が開催される。

image-20111209165726.png

初日は休暇をもらえてセシルとアルカンシェルの舞台を見に行く。

image-20111209165741.png

舞台を見た後、セシルが用事があるらしく別れ、1人になった所フランとノエル姉妹に会い、ライブを見に行くことに。

image-20111209165803.png

image-20111209165818.png

セシルの家で昔話をしながら夕食を食べ、1日目が終わる。

創立記念祭2日目

今入っている支援要請を済ませる。
中央広場の百貨店でクロスベルタイムズ4が買える。
中央広場の屋台をやっているアロナから【軽快ポップコーン】のレシピを教えてもらえる。
港湾区で(空の軌跡で登場した)アントンとリックス発見した。

支援要請「准教授の捜索願い」を済ませた後、ウルスラ間道中州にいるペーターから《闇医者グレン6巻》をもらえる。

image-20111209232809.png

クロスベル市に戻るとフランから通信が入る。
港湾区で、不良たちが性懲りもなく喧嘩をしているので止めてきて欲しいとのこと。
現場に行くと、ただの喧嘩とは雰囲気が違ったが、一足先に遊撃士のエステルとヨシュアが仲裁に入る。
2人の交渉の末、ひと悶着あって一瞬即発の状態になる。

image-20111209165854.png

その状況に待ったをかけ、ランディの提案で、2人1組で旧市街を使った“レース”を行って決着をつけることになる。
チームは、ワジ&ヴァルド、エステル&ヨシュア、そしてロイド&ランディの3組。
選択肢は
対ヴァルド
「そのまま突っ込む」
対ヴァルド&ワジ
「コンビクラフト
対エステル&ヨシュア
「各個撃破」
が正解。

image-20111209165943.png

image-20111209165959.png

image-20111209170024.png

image-20111209170042.png

image-20111209170053.png

image-20111209170120.png

さすがに両チーム共にかなり手強く、終盤に結構な差を付けられたもののランディの機転のおかげで、何とか勝利を掴み取る。
そして当初の約束通り、不良たちを引き上げさせることにも無事成功した。

↓よかったらランキング投票お願いいたします。
人気ブログランキングへ

第2章プレ公演当日 [零の軌跡]

プレ公演当日、ランディとティオ、そしてツァイトに劇場周辺の警戒を任せ、こちらはエリィと共に劇場内の巡回を行う。
最終幕が始まろうとする中、バルサモ支配人から不審な客がいるとの報せが!
招待客リストにも名前がなく、階段の先でS席の様子をこっそり伺っているらしい。
その不審な客はグレイスさんだった。

image-20111208151851.png
進入した経緯を聞く中で、マクダエル市長の第一秘書アーネストに関する黒い噂の情報がでる。
その情報によって事件はつながった。
急いで貴賓席に駆け込むと、市長に襲いかかるアーネストを発見する。
市長を人質にされ、その場は逃げられたが、劇場の外に出た所でティオとランディ、ツァイトの活躍により、無事逮捕することに成功した。

プレ公演はなんとか無事に終えられた。

image-20111208153310.png

image-20111208153339.png

image-20111208153405.png

image-20111208153424.png

image-20111208153448.png

↓よかったらランキング投票お願いいたします。
人気ブログランキングへ

第2章2日目 [零の軌跡]

とりあえず、今入っている支援要請を済ませる。
住宅街のマクダエル邸にいる執事から「闇医者グレン4巻」をもらえる。
2階エリィの部屋の本棚から【スイートケーキ】のレシピを手に入れられる。
ベルガード門2階にいるブルード隊員から「闇医者グレン5巻」をもらえる。
鉱山町マインツの〈ベッカライ商店〉でエステルとヨシュアがハロルドさんと会話している。

事件は捜査一課に引き継がれたが、課長の後ろ盾をもららい、引き続きこちらでも捜査を行うことに。
朝、端末を起動すると導力メールが届いていた。
差出人は“銀”、内容は、
「試練を乗り越え、我が元へ参ぜよ。さすれば汝らに使命を授けん。」
メールの発信源は警察本部ではなく、クロスベル国際銀行、通称IBC。
エリィによると、IBCの総裁ディーター・クロイスは友人の父親で、事情を話せば内密に捜査させてもらえるかもしれないとのこと。

IBCへ行き受付に問い合わせてみると、ディーター総裁が会って話を聞いてくれることに。
IBCのセキュリティを考えると外部の人間が入れるとは考えにくく、ハッキングされた可能性があるようだ。
ディーター総裁の計らいで端末室に入れることになり、総裁の娘マリアベルに案内してもらえることに。
端末のログを調べてもらうことで、支援課にメールの届いた時間帯に外部から操作されていたことが判明する。
痕跡は消されてしまっていたようだが、ティオと研究員の働きでハッキング元の端末を特定できた。
場所はジオフロントB区画、『第8制御端末』。

image-20111208142641.png

image-20111208142703.png

市庁舎の受付でジオフロントB区画の鍵を借り、ジオフロントB区画へ向かう。
ジオフロントB区画に進入し、第8制御端末へ行く。
端末室で《情報屋》を名乗るヨナというハッカーの少年に会い、“銀”からの伝言というカードを受け取る。
カードには「今こそ門は開かれた。いざ《星の塔》に挑み、我が望みを受け取るがよい。」と書かれていた。
ヨナは“銀”と面識があるらしいが、いつも黒衣に仮面の姿なので素顔などは見ていないという。
《星の塔》というのはウルスラ間道の途中に見える《星見の塔》のことだろう。
とにかく行ってみるしかない。

image-20111208142725.png

なお、端末室のテーブルの上のピザを調べると【とろーりチーズピザ】のレシピを手に入れられる。
警察本部1階会議室でピエール副局長に話し掛けると隠しクエスト「失くした結婚指輪」を請けられる。

《星見の塔》の入口でノエル曹長に会う。
巡回中に警備隊によって設置されたフェンスが破られていたのを発見し、調べ始めてたばかりだったとのこと。
曹長にこれまでの経緯を簡単に説明すると、塔の探索に付いてきてくれることになった。

image-20111208142744.png

塔の中は基本属性である地・水・火・風以外に上位属性である時・空・幻の影響を受けるらしい。
塔の広間で“銀”と対面。
戦闘の実力を試された後、用件を聞くことに。
銀の用件とは?
「脅迫状について」
脅迫状の何について話がある?
「脅迫状の差出人」
つまり、脅迫状は“銀”の仕業ではなく、犯人は別にいるようだ。
そして“銀”は、真犯人の企みを阻止することをこちらに依頼する。
“銀”の頼みはともかく、真犯人を放っておくことはできない。
アルカンシェルの本公演の初日とプレ公演の日に劇場で警戒活動を行うことに。
話を終えると“銀”はその場から去り、その後を追って屋上に出るが驚くことに塔から飛び降りて逃げられてしまった。

image-20111208142813.png

↓よかったらランキング投票お願いいたします。
人気ブログランキングへ

第2章1日目 [零の軌跡]

この前、捕まえたマフィアがもう釈放されたみたいだ。(ハルトマンという議員にお金を払った事によって)

中央広場の百貨店で、クロスベルタイムズ3が買える。
西通りのベーカリー‘モルジュ’の主人から【重厚エスプレッソ】のレシピを教えてもらえる。
行政区の図書館1階の本棚の「季刊・舌鼓」から【自家製卵プリン】のレシピを手に入れられる。
東通りのアカシア荘のエステルとヨシュアの自宅にいるヨシュアと会話するとエステルとの関係が聞ける。(家族でもあり、恋人同士でもあるようだ。)

とりあえず、支援要請を済ませる。
ベルガード門の食堂にいるステラに2回話しかけると【たっぷり具沢山肉鍋】のレシピを教えてもらえる。
タングラム門の食堂にいるティマスに2回話しかけると【しっかり煮出し魚鍋】のレシピを教えてもらえる。
アルモリカ村の道具屋の隣の民家にいるアンジェから【会心カルボナーラ】のレシピを教えてもらえる。

支援要請『古道私有地の魔獣退治』を済ませてクロスベル市に戻って来ると、フランから通信が入る。
支援課を直接指名した相談者がおり、支援課で、直接話を聞くことに。
相談者の名前はリーシャ・マオ。

image-20111207174619.png

劇団“アルカンシェル”のアーティストで、大型新人と言われている女性だ。
話によれば1週間前、劇団の看板スターであるイリア・プラティエの元に不気味な文面の『脅迫状』が届いたとのこと。
どうやらイリア本人は騒ぎになるのを嫌っているらしく、警察本部にも遊撃士協会にも相談はしていないとのこと。
リーシャから話を聞く限り、見過ごすわけにもいかなそうなので調査を引き受けることに。
まずは脅迫状の現物を見させてもらいに、劇団に行ってイリアの元を訪ねる。
イリアから脅迫状を受け取り、手紙の内容を確認する。
そこには公演の中止を促す内容と、『銀』という差出人の名前が。
なお恨みの線で心当たりを聞いた所、先日イリアが、ルバーチェのマルコーニ会長から無礼な応対を受け、手を上げたという。

image-20111207174644.png
まずは手がかりの『ルバーチェ商会』を訪ねてみる。
ルバーチェ商会のビルへ行くと、若頭のガルシアという男が話を聞いてくれる。
ガルシアに、脅迫状を見てもらうと、「差出人の名前」‘銀’に反応したようだが、知らないが、ルバーチェ商会とは、関係ないと断言した。

image-20111207174707.png

ルバーチェに詳しいイアン先生ならば何か知っているかもしれない。
イアン先生を訪ね、調査の経緯を説明する。
事件の要素をつなぐ情報は持っていないそうだが、差出人の“銀”については心当たりがあるとのこと。
“銀”は‘イン’と読み、実在するかどうかも分からない謎に包まれた凄腕の“凶手”(暗殺者)でカルバード共和国には、そんな都市伝説が存在するらしい。
ガルシアの反応を考えると、“銀”と黒月が結びついている可能性は高そうだ。

image-20111207174727.png

〈黒月貿易公司〉を訪ねてみる。
黒月の支社長ツァオ・リーとのやりとりで“銀”が確かに存在し、黒月とつながっていることは分かった。
だが、もしも“銀”個人がイリアを狙っているとしたら、これ以上は、自分たちの手に余るかもしれない。

image-20111207174749.png

〈黒月貿易公司〉の前で捜査一課のダドリー捜査官に会い、場所を変えてこれまでの捜査内容を伝える。
結果、本捜査は捜査一課に引き継がれ、こちらは通常業務に戻ることになる。
この事を、イリアに報告しに行く。

image-20111207174813.png

アルカンシェルの前でエリィの祖父に会う。
エリィの祖父は、なんとクロスベル市長のヘンリー・マクダエルだった。

image-20111207174835.png

イリアに捜査の結果と、事件の担当が捜査一課に引き継がれたことをほうこくした。
警備が付くことも一応納得してもらえたよだった。
支援課に戻ると、入口前にマクダエル市長の秘書アーネストが待っていた。
エリィに市長の所に戻ってこないかと聞きにきたようだ。(エリィは、元々政治家志望らしい。)

image-20111207174856.png

エリィは、警察を辞めるかどうか迷っているようだったが、その日の夜にロイドと2人で話し合い、警察を続けることを決める。

image-20111207174914.png

↓よかったらランキング投票お願いいたします。
人気ブログランキングへ

第1章2日目 [零の軌跡]

朝、ソーニャ副司令とノエルが支援課に訪問してる。
魔獣の正体が未だ不明なことに加えて被害が軽微であることを理由に、鉱山町方面で行っていた警備は今朝をもって完全に引き上げるよう司令から指示が下されたという。(司令は、帝国派の議員とつながっているらしい。)
支援課の捜査の方針は問題なく、引き続き鉱山町方面の捜査を行うことに。
魔獣の正体が判れば、警備隊の再出動も可能とのこと。

image-20111207022817.png

鉱山町に行く前に、他の支援要請を済ませる。
東通りの龍老飯店の客室にいるラルスと会話すると、隠しクエスト「憧れのみっしぃ」を請けられる。

クロスベル北口のバス停付近で魔獣の遠吠えが聞こえる。
ティオの解析ではマインツ山道の途中あたりら聞こえた模様。
バスは諦めて歩いて山道の探索を行うことに。

クロスベル大聖堂の聖堂内右手の講堂にいるシスターマーブルと会話すると、ロイドとエリィの子供の頃の話が聞ける。

山道を進んで行くと、道が二手に別れており、左手に進むと鉱山町だが、右手方面には何があるのか分からないので確認しに行く。
右手方面には、「ローゼンベルク工房」があった。
有名な天才人形師の工房らしい。
軒先で、(空の軌跡にも登場していた、結社の執行者)レンと会う。(ここは、結社と関係のある場所なのか?)
主の人形師は留守とのこと。

image-20111207022832.png

再び鉱山町に向かうことに。

分岐点まで戻り左手に進むと、トンネル道があり、トンネル道の出口で、白い狼を発見。

image-20111207022845.png

敵意はないらしく、ティオによれば、この先に今回の事件の鍵があると伝えてれたのだという。
この狼は、‘遠吠え’‘色と外見’『その両方』が証言とは、合わないので、各地を襲った魔獣ではないようだ。
このまま予定通り、鉱山町に向かう。

マインツ鉱山町に到着。
まず、町長の元を訪ねると、取り込み中とのこと。
終わるまでの間に、町の住人に一通り聞き込みを行う。
町長の客人は、ルバーチェの連中だったようだ。
とりあえず町長に話を聞かせてもらう。
この町の魔獣被害が最も件数が多く、徐々に被害が大きくなっている模様。
またルバーチェは、町の用心棒をする代わりに、七耀石の取引を独占させて欲しいと要求してきたらしい。
ここまでの調査をまとめるために、今日は町に泊まって、やどでミーティングを行うことに。
ここまでの調査で、本来判明しているはずの情報とは?
「魔獣の目的」
事件を異なる視点で捉えるべく、枠組みそのものを組み替えて考えてみることに。
犯人に相当するのは?
「?」
目的に相当するのは?
「狼の身体能力」
手段に相当するのは?
「黒い狼たち」
結果に相当するのは?
「各地の被害」
証言者の名前は?
「シズク・マクレイン」

つまり、仮に“黒い狼たち”は『犯人』ではなく『手段』、そして『目的』を“狼の身体能力”だとした場合、背後に人間が存在することになる。
そしてシズクちゃんの証言にあった“キーンとかすれた音”が狼たちを操るものだとすれば・・・
また事件の起きた夜、医科大学の駐車場にはルバーチェ商会の運搬車が停まっていたとのこと。
狼たちを運び、屋上に侵入させる手段として使用したと考えられる。
推理の末、たどり着いた『犯人』はルバーチェ。
彼らは今、黒月を圧倒できる戦力の入手に力を入れており、一連の事件は魔獣の実戦テストと見てほぼ間違いないだろう。
状況を考えると、テストという目的は十分達成されたとも考えられるが、どうやら町長の元を訪ずれた連中は七耀石の独占取引に拘っている様子。
連中が今夜動くと判断し、深夜まで部屋で待機することに。

ミーティング後の待機時間に、鉱員マックス(怪我をした人)に話しかけると《闇医者グレン3巻》がもらえる。
町の北側の鉱山入口前にいる男性に話しかけると、鉱山の中に入れる。

深夜になり、案の定、狼型魔獣が現れ戦闘になり撃退する。
起き上がる魔獣の後を追うと、ルバーチェの運搬車に辿り着く。
抵抗を見せたマフィアと軍用犬たちを一時は制圧したかと思われたが、更に控えていた軍用犬の増援によって窮地にたたされる。
すると、そこへ『神狼』が群れを引き連れて登場し、その迫力だけで軍用犬たちを無力化する。
マフィア2名の逮捕・拘束に成功し、警備隊のソーニャ副司令に引き渡す。
しかし、これだけの事をした、マフィアでも、警備隊司令が帝国派議員とつながっている為、すぐ釈放されるらしい。

また、この成り行きをレンが見ていた。(レンがこの地にいる目的は何なのか?)

支援課に戻ると中に『神狼』ツァイトがいる。
気が向いた時、支援課を手伝ってくれるらしい。

↓よかったらランキング投票お願いいたします。
人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。